位相限定相関法に基づく画像マッチングのGPU実装とその応用(若葉研究者の集い4,サマーセミナー(若葉研究者の集い))

元データ 2010-08-30

概要

本稿では,位相限定相関法(Phase-Only Correlation:POC)に基づく画像マッチングをGPUに実装するとともに,それを用いて実時間で動作する3次元計測システムを提案する.ステレオビジョンに基づく3次元計測では,POCに基づく画像マッチングを用いることで高精度な計測が可能であるが,計算コストが実用上の問題であった.そこで,ステレオ画像の対応付けが基準点毎に並列であることを利用して,GPU実装による高速化を図る.また,人物の顔の3次元形状を実時間で計測するシステムを構築し,GPU実装の有効性を実証する.

著者

高橋 徹 千葉大学大学院工学研究科
高橋 徹 東北大学大学院
青木 孝文 東北大学大学院情報科学研究科
青木 孝文 東北大学 大学院情報科学研究科
三浦 衛 東北大学大学院情報科学研究科
伊藤 康一 東北大学大学院情報科学研究科
高橋 徹 東北大学大学院情報科学研究科
伊藤 康一 東北大
三浦 衛 東北大学 大学院情報科学研究科
高橋 徹 京大 大学院情報学研究科
高橋 徹 東北大学 大学院情報科学研究科
Aoki Takafumi Graduate School Of Information Sciences Tohoku University:(present Address)presto Jst.

関連論文

▼もっと見る