荷重・構造安全性についてのアンケート調査

元データ 1992-03-30 社団法人日本建築学会

概要

For these two decades the concept of safety and reliability has been introduced into various fields of civil engineering. Under this circumstance, structural,engineers are required to have basic knowledge about a reliability- or probability-based design philosophy. Opinion survey was conducted for the purpose of understanding how practising engineers currently think about the idea of safety and reliability, probability-based design methodologies, disaster, insurance, and loads for structural design. Some remarks are derived from the results obtained by this survey.

著者

林 達哉 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座
金井 直樹 北見赤十字病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科
高橋 徹 千葉大学大学院工学研究科
和泉 正哲 清水建設技術研究所
和泉 正哲 東北大学
神田 順 東京大学
石井 清 清水建設
大橋 雄二 建設省建築研究所
浅野 美次 日建設計
大熊 武司 神奈川大学
加藤 博之 日本損害保険協会
小浜 芳朗 三重大学
小林 俊夫 鹿島建設
鈴木 祥之 京都大学
田村 幸雄 東京工芸大学
藤堂 正喜 戸田建設
西谷 章 早稲田大学
三橋 博巳 日本大学
村上 雅也 千葉大学
菅沼 信也 早稲田大学大学院
神田 順 東京大学大学院新領域創成科学研究科
神田 順 竹中工務店東京支店設計部
神田 順 東京大学大学院工学系研究科
浅野 美次 日建設計東京構造事務所
高橋 徹 千葉大学
小林 俊夫 鹿島建設(株)
和泉 正哲 東北大学工学部建築学科
藤堂 正喜 戸田建設技術研究所

関連論文

▼もっと見る