自然破裂した腎血管筋脂肪腫に対する動脈塞栓術の長期成績

元データ 特定非営利活動法人 Microwave Surgery研究会

概要

Purpose : The long-term results were studied in patients who underwent transcatheter arterial embolization (TAE) for the spontaneous rupture of renal angiomyolipoma (AML).Materal and Methods : Five cases (1 male, 4 females) who underwent TAE for spontaneous AML rupture between November 1996 and February 2000 were studied. Spontaneous rupture of AML was diagnosed with CT.Result : In 4 cases, after performing TAE only one time, the tumor size was reduced and there has been no re-rupture or re-bleeding during the ongoing follow-up. In the other case, an enucleation operation was carried out 11 days after TAE in accordance with the patients request.Discussion : Recently, there have been a few reports on the long-term effectiveness of TAE, a conservative treatment for renal AML rupture. Our study indicated that TAE might be recommended for patients with renal AML rupture not only for stanching and pre-operative treatment but also for a conservative treatment with regular follow-up.

著者

鈴木 康太 昭和大学医学部泌尿器科学
益山 恒夫 埼玉県済生会栗橋病院泌尿器科
檜垣 昌夫 国立病院東京災害医療センター
吉田 英機 昭和大学泌尿器科学教室
五十嵐 敦 国立病院東京災害医療センター泌尿器科
益山 恒夫 国立病院東京災害医療センター
渡辺 賀寿雄 国立病院東京災害医療センター
鈴木 康太 昭和大学泌尿器科
倉本 憲明 国立病院東京災害医療センター放射線科
倉本 憲明 国立病院機構災害医療センター 放射線科
渡辺 賀寿雄 国立病院東京災害医療センター泌尿器科
吉田 英機 昭和大学泌尿器科
檜垣 昌夫 国立病院東京災害医療センター泌尿器科
益山 恒夫 国立病院東京災害医療センター泌尿器科

関連論文

▼もっと見る