自由空間型マイクロ波テストベンチの開発 : マルチU型テストベンチの設計コンセプトと参考例

元データ 1999-02-17 社団法人電子情報通信学会

概要

IEC,CISPR,CENELEC等の国際機関は、マイクロ波帯(UHF,SHF,EHF)EMI計測法の具体化について作業を急いでいる。さきに、CISPR横須賀会議(1997-11)では、1GHz超のEMIサイトの設計条件について、(1)自由空間型オープンサイト(2)測定距離3m(3)代替サイトの形式は自由(4)遠方界の条件(2a^2/λ;aアンテナ開口径)を確保(5)EUT(供試機器)を主ローブ(-1dB幅角)に入れる。という方針で合意が成立した。本研究報告は、大地反射波を複数配置のUフェンス(マルチフェンス)で除去する簡易な方法により、国際要求の自由空間化が達成できることを示す。「マイクロ波テストベンチ」は、マイクロ波EMI用及び一般研究設計試験用の作業デスクで、ニーズに応じて移設容易な、小型・軽量・組立可搬式のテストサイトである。なお、CISPR提示の遠方界条件式は、設計要素の適用上不合理なので削除が望ましい。

著者

高村 邦夫 (株)システムテクニコ
鈴木 喬 (株)ネットアルファ
亀島 昭徳 亀島技術士事務所
木下 敏雄 EMCT研究会
大野 豊 (株)システムテクニコ
渋谷 茂一 渋谷、石塚、亀島、各技術士事務所
亀島 昭徳 渋谷、石塚、亀島、各技術士事務所
鈴木 直喜 (株)ウッデンベルコンサルタント
賀来 壽一 (株)カラリー
渋谷 茂一 渋谷技術士事務所
石塚 春夫 石塚技術士事務所
石塚 春雄 渋谷、石塚、亀島、各技術士事務所
海野 幸次郎 (株)カラリー
賀来 壽一 (株)バックスemc

関連論文

▼もっと見る