水熱合成によるリン酸カルシウムナノ粒子の生成における原料溶液の影響

元データ 2004-12-01 社団法人日本セラミックス協会

概要

Calcium phosphate nanoparticles were prepared by hydrothermal treatment of several types of calcium salt and phosphate aqueous solution. Crystalline phase and particle morphology of as-prepared particles were influenced by types of starting solution. Homogeneous hydroxy Apataite (HAp) nanoparticles were obtained by a hydrothermal treatment of CaCl_2-Na_2HPO_4-NaOH aqueous solution. X-ray fluoreseence analysis showed the Ca/P ratio of HAp nanoparticles was 1.67. The use of alternative combination of calcium salts and phosphate led to the formation of HAp with calcium phosphate, dibasic, anhydrous (DCPA) or calcium phosphate, dibasic, 2-hydrate (DCPD). The pH of starting solution influenced the ones unit of crystalline phase in the nanoparticles. The aspect ratio of HAp particles decreased with increasing concentration of starting solution.

著者

荻原 隆 福井大学 大学院工学研究科
小形 信男 福井大学 大学院工学研究科
荻原 隆 Graduate School Of Fiber Amenity Engineering University Of Fukui
小形 信男 福井大学大学院 工学研究科
荻原 隆 福井大学大学院工学研究科ファイバーアメニティエ工学
Ogihara T Department Of Materials Science And Engineering Fukui University
小形 信男 福井大学工学部
小形 信男 福井大学大学院工学研究科ファイバーアメニティ専攻
笠原 英充 福井大学大学院工学研究科ファイバーアメニティ工学専攻
荻原 隆 福井大
荻原 隆 福井大学大学院 工学研究科 材料開発工学専攻
小形 信男 Department Of Materials Science And Engineering University Of Fukui

関連論文

▼もっと見る