イネにおけるオーキシンの発根促進作用に及ぼす亜鉛の影響

元データ 2004-04-05 社団法人日本土壌肥料学会

概要

オーキシンには発根作用がある.また,銀やコバルトのようにエチレン生成を阻害する重金属には,オーキシン誘導の発根を促進する作用のあることでも知られている.著者らは,イネに亜鉛を添加してオーキシン(2,4-D)を与えると,添加した亜鉛の濃度に比例して発根量の増加することを見出した.そして,亜鉛,オーキシンの添加量と発根との間には次のような関係が認められた.内生オーキシンレベルでは,亜鉛を添加しても茎葉や根量に有意な差は認められなかったが,0.1mg L^<-1>のオーキシン存在下では亜鉛の添加量の増加に伴って根量が増加した.しかし,オーキシンの添加量を0.3 mg L^<-1>に高めると根量は減少し,一部にカルス化が生じた.また,オーキシン存在下における亜鉛による発根促進効果は,オーキシン化合物の違いや,亜鉛によるエチレン生成阻害によるものではないことも明らかとなった.こうしたことから,オーキシン誘導の亜鉛による発根促進は,オーキシン存在下に誘導される亜鉛特有の生理作用によるものと推測される.

著者

佐伯 雄一 宮崎大農
長友 由隆 宮崎大農
赤尾 勝一郎 宮崎大学農学部応用生物科学科生物機能科学講座
赤尾 勝一郎 宮崎大学農学部
佐伯 雄一 宮崎大学農学部
横山 明敏 宮崎県総合農業試験場
横山 明敏 宮崎県庁
長友 由隆 宮崎大学農学部生物機能科学講座
高木 浩 宮崎大学農学部
長友 由隆 宮崎大 農
高木 浩 九州大学農学部
小口 慶子 宮崎大学農学部
長友 由隆 宮崎大学農学部
佐伯 雄一 宮崎大学農

関連論文

▼もっと見る