暖地向けダイズ品種における子実中の無機成分含有量について

元データ 2009-01-30 宮崎大学

概要

From 2003 to 2005, mineral contents in seeds of thirteen soybean (Glycine max) cultivars bred for warm region in Japan were analyzed. The potassium, phosphorus, magnesium and calcium contents (g kg-1) ranged from 11.0 to 19.5 from 5.30 to 8.63, from 2.39 to 3.53, and from 1.24 to 3.25, respectively. The iron, zinc, manganese and copper contents (mg kg-1) ranged from 65 to 125, from 32.3 to 56.8, from 29.0 to 42.9, and from 3.7 to 21.4, respectively. Analysis of valiance for mineral contents showed that the potassium, magnesium and calcium contents was significantly influenced by the cultivars or the cultivation years at the 5 or 1% level, that the phosphorus, zinc, manganese and copper contents was significantly influenced by the cultivars at the 1% level. In the analysis of valiance, total variance was divided into genotypic variance (σv2), yearly variance (σy2) and error variance (σe2). Genotypic variance was large for magnesiumcontent, and yearly variance was large for potassium, calcium, zinc, manganese and copper contents.暖地向けダイズ13品種について, 2003~2005年の子実中の無機成分含有量について分析した. カリウム, リン, マグネシウムおよびカルシウム含有量は, それぞれ11.0~19.5g kg-1, 5.30~8.63g kg-1, 2.39~3.53g kg-1, 1.24~3.25g kg-1 およびll.0~19.5g kg-1 の範囲の値を示した. 一方, 鉄, 亜鉛, マンガンおよび銅含有量は, それぞれ65~125mg kg-1, 32.3~56.8mg kg-1, 29.0~42.9mg kg-1 および 3.7~21.4mg kg-1 の範囲の値を示した. これら無機成分含有量について, 品種, 年次を要因とする二元配置分散分析を行った結果, カリウム, マグネシウムおよびカルシウム含有量は品種間および年次問において5%ないし1%水準で有意差が, リン, 亜鉛, マンガンおよび銅含有量は年次間において1%水準で有意差が認められた. 分散分析の結果から全分散を品種間分散(σv2), 年次間分散(σy2), 誤差分散(σe2)を推定した結果, マグネシウム含有量は品種間分散が大きく, カリウム, カルシウム, マンガンおよび銅含有量は年次間分散が大きいことが示された.

著者

佐伯 雄一 宮崎大農
佐伯 雄一 宮崎大学農学部
赤木 功 宮崎県総合農業試験場
西原 基樹 宮崎県総合農業試験場
上田 重英 宮崎県総合農業試験場
横山 明敏 宮崎県総合農業試験場
横山 明敏 宮崎県庁
上田 重英 宮崎県総農試
赤木 功 鹿児島大農
佐伯 雄一 宮崎大学農

関連論文

▼もっと見る