びまん性汎細気管支炎様所見を呈した Primary Ciliary Dyskinesia の 1 例

元データ 1988-08-31

概要

33歳, 女性, 保母。13歳頃より咳嗽, 多量の膿性痰を生ずる。慢性副鼻腔炎, 滲出性中耳炎, 不妊症を合併し, 上下気道の線毛の検索の結果, 気管線毛の運動能の欠除, 線毛正切横断面での内側dynein armの著しい欠損, 耳管粘膜移送能の著明な低下をみとめ, primary ciliary dyskinesiaと診断した。臨床症状, 胸部X-P所見, 肺機能検査所見はびまん性汎細気管支炎(DPB)に合致しており, primary ciliary dyskinesiaがDPBの病因の一つである可能性を示唆する症例である。

著者

久世 文幸 京都大学胸部疾患研究所および協力施設
西山 秀樹 日本赤十字社和歌山医療センター呼吸器科
網谷 良一 京都大学胸部疾患研究所呼吸器感染症科
西山 秀樹 和歌山赤十字病院呼吸器科
倉沢 卓也 国立療養所南京都病院呼吸器科
倉沢 卓也 京都大学胸部疾患研究所
倉澤 卓也 国立病院機構札幌南病院
鈴木 康弘 京都大学胸部疾患研究所分子病理学分野
久世 文幸 京都大学胸部疾患研究所
高橋 晴雄 神戸中央市民病院耳鼻咽喉科
網谷 良一 京都大学胸部疾患研
鈴木 康弘 京都大学胸部疾患研究所分子病理学

関連論文

▼もっと見る