色落ち海苔の乳酸発酵によるGABA生産と発酵海苔の機能性

概要

色落ち海苔(海苔)からの乳酸発酵によるGABA生産を検討するとともに、高血圧自然発症ラット(SHR)を用いて発酵海苔の血圧上昇抑制効果を評価した。(1)海苔をLactobacillus brevis NBRC12005で発酵させた結果、海苔から遊離したグルタミン酸の94%がGABAに変換され、海苔が優れたGABA生産基材になり得ることが確認できた。(2)海苔を2.5%塩酸液中で121℃、5時間加熱処理することによって、海苔からのグルタミン酸遊離量を約6倍増加させることができた。しかし、中和により生じる塩により乳酸菌の生育が阻害され、乳酸発酵によりGABAは生成されなかった。一方、海苔をペプチダーゼ系酵素剤の0.5%溶液中で5時間処理すると、海苔からのグルタミン酸遊離量は約2.5倍増加した。(3)発酵海苔の乾燥物を飼料に1%量添加してSHRに投与した結果、海苔を乳酸発酵することによって、血圧上昇抑制効果が顕著に増大することを確認した。

著者

石田 彰男 熊本大学教育学部
藤井 知美 熊本大学教育学部
松田 茂樹 熊本県工業技術センター
土谷 紀美 熊本県工業技術センター
平川 玄太 (株) 王樹製薬
島田 修 (株) 王樹製薬
堀尾 倫子 崇城大学生物生命学部
谷口 智穂 崇城大学生物生命学部
岩原 正宜 崇城大学生物生命学部

関連論文

▼もっと見る