ジチオカルバメートによるLECラットからの銅の排泄に関する研究

元データ 1997-10-31 社団法人日本薬学会

概要

The effects of N-benzyl-D-glucaminedithiocarbamate (BGD), N-benzyl-D-galactamine dithiocarbamate (BGalD), N-p-methylbenzyl-D-glucamine dithiocarbamate (MeBGD), penicillamine (D-PEN), triethylenetetramine・2HCl (Trien), on the excretion and the distribution of copper were compared in male LEC rats (5 weeks). Rats were injected intraperitoneally with chelating agents (2 mmol/kg) every other day for 10 d. The hepatic copper content after treatment with BGD and MeBGD decreased more than that with D-PEN and Trien. Those treatment with dithiocarbamates did not redistribute copper to kidneys and brain. BGD, BGalD and MeBGD all significantly enhanced the biliary excretion of copper, zinc and iron.

著者

浄住 護雄 熊本大学教育学部
石田 彰男 熊本大学教育学部
立岡 久仁子 熊本大学教育学部
山崎 奈緒美 熊本大学教育学部
西野 美幸 熊本大学教育学部
諸岡 洋美 熊本大学教育学部
浄住 護雄 熊本大 教育
淨住 護雄 熊本大学教育学部

関連論文

▼もっと見る