腸肋筋及び腰方形筋内に進展し,骨形成を伴う腫瘤を形成した脱分化型後腹膜脂肪肉腫の1例

概要

72歳男.左背部痛を主訴とした.腹部CT検査により左腎内側に腫瘤を指摘され精査を行ったところ,CT,MRI,血管造影検査,CTガイド下生検より脂肪肉腫が疑われ,腫瘍摘出術を施行した.病理組織診により骨形成を伴う腫瘤を形成した脱分極型後腹膜脂肪肉腫と診断した.術後経過は良好であったが,腸肋筋内再発を認めたため再発腫瘍摘除術を行い,術後の腹膜炎により人工肛門を増設し,その後に再び腸肋筋内再発がおこり放射線治療を施行した.その後も後腹膜再発を認めるものの,経過観察中である.本例のように再発がしばしば起きる予後不良な疾患である脂肪肉腫に対する有効な治療法は現時点では確立していないと考えられるA 72-year-old man with back pain on the left side was admitted. Imaging analysis revealed a retroperitoneal mass and a mass in the left iliocostal muscle and the left quadratus lumborum muscle. The two masses could not be resected en bloc, and were resected separately. The clinicopathological findings of these tumors revealed dedifferentiated liposarcoma. The primary dedifferentiated liposarcoma appeared to have originated from the retroperitoneal space extending into the iliocostal muscle and the quadratus lumborum muscle. Then the mass was thought to have formed accompanied with osteogenesis.

著者

桜井 正樹 松阪市民病院
有馬 公伸 三重大学医学部泌尿器科学教室
松浦 浩 松阪市民病院泌尿器科

関連論文

▼もっと見る