通信調査にもとづく浅間山2004年9月1日噴火における空気振動の分布域

元データ 2005-03-28 東北大学

概要

Distribution of sound and air vibration generated by the eruption of Asama Volcano on September 1st, 2004 was investigated by questionnaire surveys, which were carried out for 350 public schools by mail and 11 Japan Metrological Agency stations by phone. As a result, we revealed that Taiwa village in Niigata prefecture, 90km from Asama Volcano, is the farmost area perceived the sound and air vibration. East-limit of perceivable air vibration is Katashina village in Gumma prefecture, 80km, and west-limit of perceivable sound is Koumi-town and Sanada-town, 20km from the volcano. Sound and air vibration generated by this eruption leaned to the east.論文Article

著者

谷口 宏充 東北大
前野 深 東京大
前野 深 東大・地震研
横尾 亮彦 東北大学大学院理学研究科地学専攻
前野 深 東北大学大学院理学研究科地学専攻
菅野 繁広 東北大学大学院理学研究科
紺谷 和生 東北大学大学院理学研究科
小暮 昌史 東北大学大学院理学研究科
谷口 宏充 東北アジア研究センター
横尾 亮彦 京都大学防災研究所附属火山活動研究センター
横尾 亮彦 東北大学大学院理学研究科地学専攻:(現)京都大学防災研究所附属火山活動研究センター
横尾 亮彦 東北大学大学院理学研究科
横尾 亮彦 東北大理
横尾 亮彦 京都大学大学院理学研究科附属地球熱学研究施設火山研究センター

関連論文

▼もっと見る