Supercontinuum光源による多波長キャリア抑圧RZ信号生成

元データ 2001-10-19 社団法人電子情報通信学会

概要

最近注目を浴びている40Gbit/sDWDMシステムはチャネルを高密度に配置する事により線形及び非線形のクロストークが深刻な問題となっている。キャリア抑圧RZ(CS-RZ)信号はRZ信号に比べ狭スペクトル幅を実現し、非線形効果に対しても良い伝送特性を示す。この論文では、CS-RZ信号を種パルスとしたスーパーコンティニウム光源で多数・同時にCS-RZ信号を生成する簡易な構成を提案し、3.24Tbit/s(40Gbit/s×81WDM)生成・80km伝送実験を行った。

著者

小関 健 上智大学理工学部
外林 秀之 通信総合研究所
中條 渉 通信総合研究所基礎先端部門
中條 渉 通信総合研究所
小西 章夫 上智大学理工学部電気電子工学科
中條 渉 独立行政法人情報通信研究機構
小関 健 上智大学理工学部情報理工学科

関連論文

▼もっと見る