オブジェクトコード評価ツールの開発

元データ 1990-09-04 一般社団法人情報処理学会

概要

コンパイラのバージョンアップにおいて、生成オブジェクトコードの実行性能低下や結果不正などのいわゆるデグレードが発生する場合がある。デグレードチェックやオブジェクトコードの質の評価は従来、新旧2つのコンパイラの生成オブジェクトコードを人が目で見て比較する、などの方法により行なわれてきた。オブジェクトコード評価ツールはオブジェクトコードから静的な情報を抽出して比較を行ない、デバッグや評価に有用な情報を提供するものである。本発表では、当社汎用大型磯Mシリーズ脇のコンパイラに対するオブジェクトコード評価ツールについて報告する。

著者

佐藤 真琴 (株)日立製作所システム開発研究所
菊池 純男 新情報日立研究室
菊池 純男 (株)日立製作所中央研究所
権藤 文代 (株)日立製作所ソフトウエア工場

関連論文

▼もっと見る