並列化支援システム「Parassist」の試作 : 機能と構成

元データ 1992-02-24 一般社団法人情報処理学会

概要

共有メモリ型並列計算機に向けた対話型並列化プログラミング支援システムParallelization Assist System)について述べる。本システムはUNIXワークステーション環境で稼働する統合型支援システムを指向したものであり、基本的には逐次FORTRANプログラムの並列化作業の支援を目的とした実験評価用システムである。並列処理によって逐次処理を遥かに凌ぐ高速性能を実現しようとする試みは古くからあるが、近年やっと実用化の兆しが見えてきたところである。並列処理が本格的に普及するためには、並列記述言語の標準化とともに、FORTRANのように過去のソフトウエア資産が多い場合には従来プログラムを自動並列化するコンパイラおよび並列化作業を支援するツール[1][2]が重要な鍵を握る。本発表では、並列化を支援するParassistのコンセプトとこの上に実現されている幾つかのツール群の機能と構成について述べる。

著者

佐藤 真琴 (株)日立製作所システム開発研究所
岩澤 京子 (株)日立製作所中央研究所
菊池 純男 新情報日立研究室
飯塚 孝好 (株)日立製作所システム開発研究所
菊池 純男 (株)日立製作所中央研究所
岩沢 京子 東京農工大学工学部電子情報工学科
岩澤 京子 (株)日立製作所
飯塚 孝好 (株)日立製作所 中央研究所

関連論文

▼もっと見る