アスペルギルスの増生を伴った気管支結石症の1例

元データ 2000-03-25 日本呼吸器内視鏡学会

概要

症例は64歳, 女性。高血圧症にて近医通院中であったが, 検診で胸部X線写真上, 左中肺野に細い帯状の浸潤影を指摘され来医。咳嗽, 喀痰, 喘鳴など呼吸器ed, his chest X-ray film showed an infiltrative shadow with cavitation. Pulmonary mucormycosis was diagnosed by transbronchial lung biopsy. The oral amigatusが検出され, アスペルギルスの増生を伴った気管支結石症と診断した。気管支結石は内視鏡的に可動性がなく, 今後喀血や閉塞性肺炎を繰り返す可能性があると判断し, 気管支形成術を伴った左肺舌区切除術を施行した。

著者

永井 寛之 大分医科大学第2内科
那須 勝 大分医科大学第2内科
雨宮 由佳 大分大学医学部総合内科学第二講座
長岡 博志 別府リハビリテーションセンター内科
河野 宏 大分大学医学部第二内科および関連施設
那須 勝 大分大 医 感染分子病態制御 (内科学第2)
那須 勝 大分医科大学 感染分子病態制御 講座
雨宮 由明 大分医科大学第2内科
三戸 克彦 大分医科大学医学部感染分子病態制御講座(第2内科)
山上 由理子 大分医科大学感染分子病態制御講座
長岡 博志 大分医科大学第2内科
河野 宏 国立大分病院呼吸器科
植西 佳子 国立大分病院呼吸器科
三戸 克彦 大分医科大学医学部腫瘍病態制御講座
三戸 克彦 大分大学 医学部感染分子病態制御講座
三戸 克彦 国立大分病院呼吸器科
有田 和弘 健康保険南海病院呼吸器内科
有田 和弘 国立大分病院呼吸器科
雨宮 由明 大分市医師会立アルメイダ病院呼吸器科
雨宮 由明 大分医科大学医学部腫瘍病態制御講座
那須 勝 大分医科大学第二内科
永井 寛之 大分医科大学 第二内科
那須 勝 大分医大第2内科

関連論文

▼もっと見る