侵襲性肺アスペルギルス症が強く疑われ, Nested PCR法で経過を観察し得た2症例の検討

元データ 1996-12-20

著者

永井 寛之 大分医科大学第2内科
那須 勝 大分医科大学第2内科
山形 英司 ごとうJ呼吸器・アレルギークリニック
長岡 博志 別府リハビリテーションセンター内科
那須 勝 大分医科大学 感染分子病態制御 講座
橋本 敦郎 大分医科大学第二内科
山形 英司 大分医科大学感染分子病態制御講座
長岡 博志 大分医科大学第2内科
大塚 英一 大分医科大学第2内科
橋本 敦郎 大分医科大学内科学第二
山形 英司 大分医科大学 第2内科
大野 栄治 大分県立病院第3内科
大野 栄治 大分医科大学第二内科
大塚 英一 大分医科大学医学部内科学講座第2
大塚 英一 大分県立病院 中央検査部輸血室
大塚 英一 大分医科大学付属病院第2内科
大野 栄治 大分県立病院 検査部輸血室
菊地 博 大分医科大学輸血部
山下 由理子 大分医科大学第二内科
菊地 博 大分医科大学 第2内科
永井 寛之 大分医科大学 第二内科

関連論文

▼もっと見る