唾液中バルプロ酸(VPA)濃度測定による在宅TDMの試み(1)

元データ 2005-03-10 日本医療薬学会

概要

In the present study, we examined the clinical significance and utility of measuring salivary valproic acid (VPA) levels in saliva samples taken at patients' homes for therapeutic drug monitoring (TDM). The subjects were 74 patients (33 males and 41 females; mean age 30.8±1.9 years) under treatment at Outpatient Clinic, Department of Neuropsychiatry, Fukushima Medical University Hospital. For the VPA measurements, saliva samples and blood samples were taken at the Outpatient clinic simultaneously. Salivary VPA levels showed significant correlations with total and free VPA serum concentrations (r=0.71 and r=0.77, respectively) but were not significantly correlated with serum albumin concentration or salivary pH. From a preliminary experiment that we conducted, salivary VPA levels were found to remain stable when saliva samples were kept in home freezers at 4 and -20℃. Based upon the above results, we concluded that TDM based on measurements on saliva samples taken by patients receiving VPA has significant clinical utility because 1) saliva sampling is less invasive than blood sampling and easy to carry out for patients who do not wish their blood to be taken, 2) saliva sampling at home is convenient because either patients or their family members can take the samples and 3) samples taken at home can accurately show VPA levels as they are in everyday life.

著者

江戸 清人 福島県立医科大学医学部附属病院薬剤部
疋田 雅之 福島県立医科大学神経精神医学講座
吉田 浩 福島県立医科大学臨床検査医学講座
吉田 浩 福島県立医科大学 第2内科
上島 雅彦 竹田綜合病院精神科
管 るみ子 福島県立医科大学神経精神医学講座
丹羽 真一 福島県立医科大学神経精神医学講座
長井 俊彦 福島県立医科大学学術情報センター
斎藤 百枝美 帝京大学薬学部
斎藤 百枝美 福島県立医科大学医学部附属病院薬剤部
石川 大道 福島県立医科大学医学部神経精神医学講座
渡部 学 福島県立医科大学医学部神経精神医学講座
管 るみ子 福島県立医科大学医学部神経精神医学講座
管 るみ子 日本大学 精神神経科
管 るみ子 福島県立医科大学附属病院 薬剤部
丹羽 真一 福島県立医科大学 医学部医学科
丹羽 真一 福島医科大学
丹羽 真一 福島県立医科大学
江戸 清人 帝京大学薬学部
江戸 清人 福島県立医科大学医学部:医学部附属病院薬剤部
長井 俊彦 福島県立医科大学 臨床検査医学 講座
吉田 浩 福島県立医科大学臨床検査医学
丹羽 真一 福島県立医科大学医学部 神経精神医学講座
渡部 学 松村総合病院舞子浜病院
吉田 浩 福島県立医科大学医学部附属病院検査部
吉田 浩 福島県立医大第2内科

関連論文

▼もっと見る