肺結核患者におけるマスク着用行動の変容ステージとその関連要因

元データ 2010-07-01

概要

本研究では,肺結核患者のマスク着用行動に対する変容ステージを検討し,マスク着用に関する恩恵と負担,阻害要因と促進要因,社会的要因,身体症状,および心理的適応状態が,変容ステージによって異なるか比較を行った.対象者は,入院中の肺結核患者および肺結核疑い患者であった.研究デザインは横断的調査であった.本研究の48名の対象者のうち,ステージの分布は,準備期22名および実行期26名であった.48名の平均年齢は53.09±16.70歳(19〜78歳)であった.分析の結果,マスク着用の負担,マスク着用の阻害要因,身体症状において,2つのステージ間に違いがみられる項目が存在した.入院日数およびマスク着用の促進要因においては,ステージ間で有意に異なる傾向が認められた.特に,マスク着用の阻害要因については,複数の項目において,ステージ間に差が認められた.今後は,看護師を中心とした医療スタッフが,促進要因を増強するだけでなく,阻害要因が存在していてもマスクを着用するよう意識づけるべきである.さらに,着け忘れを防止するような介入を行うことが好ましいと考えられる.

著者

荒井 弘和 法政大学文学部心理学科
所 昭宏 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター
平井 啓 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
野長 さおり 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター
小林 博美 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター
井上 亜由美 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター
上砂 陽子 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター
田中 孝浩 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター
所昭 宏 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科
平井 啓 大阪大学大学院医学系研究科生体機能補完医学講座
所 昭宏 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター心療内科支持・緩和療法チーム
所 昭宏 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター 臨床研究センター肺がん研究部
所 昭宏 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター 臨床研究センター
平井 啓 大阪大学大学院コミュニケーション・デザインセンター
平井 啓 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター:大阪大学大学院人間科学研究科:大阪大学大学院医学系研究科
平井 啓 大阪大学 人間科研究
所 昭宏 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター 内科
所 昭宏 国立病院機構 近畿中央胸部疾患センター 心療内科
平井 啓 大阪大学コミュニケーションデザインセンター
荒井 弘和 法政大学文学部

関連論文

▼もっと見る