初回手術から12年後に再発した小児ASPL-TFE3腎癌の1例

元データ 2010-02-25

概要

症例は10歳男児,左腎細胞癌の診断で根治的腎摘出術を施行した.その後外来経過観察中であったが,12年後に傍腹部大動脈リンパ節転移及び縦隔リンパ節転移をみとめ,手術を施行した.病理組織学的診断ではASPL-TFE3(Alveolar soft part sarcomalocus-Transcription factor binding to IGHM enhancer3)腎癌と診断された.融合遺伝子形成を伴う腎癌は稀であり,文献的考察を加えて報告する.

著者

大畠 雅之 長崎大学腫瘍外科小児外科
徳永 隆幸 長崎大学腫瘍外科小児外科
田中 祐吉 神奈川県立こども医療センター病理科
田中 祐吉 神奈川こども医療センター病理科
田中 祐吉 神奈川県立こどもセンター病理
永安 武 長崎大学大学院腫瘍外科
高木 克典 長崎大学大学院腫瘍外科
大畠 雅之 長崎大学大学院腫瘍外科
徳永 隆幸 長崎大学大学院腫瘍外科
三浦 崇 長崎大学大学院心臓血管外科
橋詰 浩二 長崎大学大学院心臓血管外科
安倍 邦子 長崎大学大学院病理
安倍 邦子 長崎大学病院病理部
永安 武 Div. Surgical Oncology Department Of Trans Med Sci Nagasaki Univ
大畠 雅之 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科腫瘍外科
徳永 隆幸 長崎大学大学院腫瘍外科小児外科
永安 武 長崎大学 大学院医歯薬総合研究科腫瘍外科
安倍 邦子 長崎大学医学部歯学部附属病院病理部
安倍 邦子 長崎大学病院・病理
安倍 邦子 長崎大学医学部・歯学部附属病院病理部
安倍 邦子 長崎市立市民病院 内科
安倍 邦子 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科腫瘍外科
安倍 邦子 長崎大学医学部付属病院病理部
三浦 崇 長崎大学心臓血管外科
安部 邦子 長崎大学病院病理
永安 武 長崎大学大学院 腫瘍外科
安倍 邦子 長崎大学医学部病院病理部
田中 祐吉 神奈川県立こども医療センター

関連論文

▼もっと見る