視点による情報提示インタフェースの試作と評価

元データ 2001-09-13 一般社団法人情報処理学会

概要

ActionViewは, ビデオキャプチャを利用した非接触インタフェースで, 小さい面積のディスプレイを通して大量の情報を覗き込むことができる.ActionViewは窓メタファを用い, ユーザは望む情報を, 視点を移動することによりディスプレイ上に表示させることができる.覗き込むという動作は, 人の日常の行動であるため, ActionViewの操作方法を習得するのは容易である.ActionViewを用いることにより, ディスプレイ面積よりも大きな面積の情報が提示可能であると考えられる.本稿では, 実際にActionViewの面積拡大効果の有効性, ならびに奥行きの利用を考え, これらに関しての評価を行った.

著者

渋谷 雄 京都工芸繊維大学
辻野 嘉宏 京都工芸繊維大学
中村 重雄 京都工芸繊維大学
成田 智也 京都工芸繊維大学
物部 文彦 京都工芸繊維大学

関連論文

▼もっと見る