3. 低速反陽子ビームの発生・減速・冷却と陽電子プラズマの生成・制御(反水素研究とプラズマ物理)

元データ 2004-12-25 社団法人プラズマ・核融合学会

概要

Antiprotons produced by a proton synchrotron are decelerated and cooled first to 5.3 MeV by stochastic cooling and electron cooling in the Antiproton Decelerator (AD) ring, then to 111 keV by a Radio Frequency Quadrupole Decelerator (RFQD). After the deceleration of the RFQD, antiprotons are degraded by thin PET foils and injected into the Multi-Ring electrode Trap (MRT). Electrons are preloaded in the MRT to cool the antiprotons to subelectron volt energy region. Ramping up the trapping potential slowly allows ultra-slow antiprotons of 10-500eV to be extracted from the strong magnetic field region. Positrons from ^<22>Na are cooled by N_2 gas or by electrons to form a cold positron plasma. A rotating electric field is used to radially compress the plasma.

著者

大島 永康 産総研
大島 永康 産業技術総合研究所計測フロンティア研究部門
檜垣 浩之 筑波大学プラズマ研究センター
鳥居 寛之 東大院総合文化
黒田 直史 東大院総合
黒田 直史 理化学研究所原子物理研究室
大島 永康 東大 大学院
鳥居 寛之 東京大学大学院総合文化研究科
鳥居 寛之 東大院総合
大島 永康 産業技術総合研 計測フロンティア研究部門
船越 亮 東京大学大学院理学系研究科
大島 永康 理化学研究所
船越 亮 東大理
檜垣 浩之 広島大学大学院先端物質科学研究科

関連論文

▼もっと見る