免疫吸着カラム(PH-350, TR-350)はIgG抗GQ1b抗体を除去できるか : Miller Fisher症候群における臨床検討

元データ 1995-05-31 日本アフェレシス学会

著者

山脇 健盛 水戸赤十字病院内科
鈴木 則宏 水戸赤十字病院内科
小原 克之 慶雁義塾大学医学部神経内科
田中 耕太郎 慶雁義塾大学医学部神経内科
福内 靖男 慶雁義塾大学医学部神経内科
結城 伸泰 東京医科歯科大学分子医化学
田中 耕太郎 富山大学附属病院 神経内科
結城 伸泰 済生会熊本病院 脳卒中センター
結城 伸泰 東京医科歯科大学 分子医化
小原 克之 慶應義塾大学医学部神経内科
福内 靖男 慶應義塾大学医学部
田中 耕太郎 Department Of Neurology School Of Medicine Keio University
小原 克之 慶応義塾大学 神経内科

関連論文

▼もっと見る