小型気管支粘表皮癌の1例

元データ 2000-05-25 日本呼吸器内視鏡学会

概要

症例は62歳男性, 主訴は血痰。初診時, 胸部単純X線写真では異常は指摘できなかった。胸部CTでは右B^7内腔に突出する辺縁平滑で円形の小結節を認めた。気管支鏡では右B^7入口部に内腔をほぼ閉塞するポリープ状腫瘤が存在し, 生検鉗子で腫瘤の大部分は切除できた。肉眼的には大きさ9×7×6mm大の表面平滑な白色, 弾性硬の充実性腫癌で, 組織学的には低悪性度の粘表皮癌であった。腫瘍切除断端陽性と診断されたため, 3月30日右下葉切除術を施行した。組織学的には右B^7の粘膜下組織に1ヵ所腫瘍の残存を認めたが, リンパ節転移はなく, pT1N0M0, stage IAと診断した。術後9ヵ月, 再発は認められていない。本症例は血痰精査のために, 積極的に気管支鏡検査を施行したことで, 小型粘表皮癌の診断が可能であった。

著者

河野 匡 虎の門病院呼吸器センター外科
中田 紘一郎 虎の門病院呼吸器科
中谷 龍王 虎の門病院呼吸器内科
中谷 龍王 伊勢丹健康管理センター
中谷 龍王 神奈川県衛生看護専門病院
中田 紘一郎 虎の門病院(共済)
中田 紘一郎 虎の門病院 呼吸器科
坪井 永保 虎の門病院呼吸器科
岸 一馬 虎の門病院臨床腫瘍科
河野 匡 虎の門病院 呼吸器センター外科
川畑 雅照 虎の門病院分院呼吸器科
坪井 永保 国家公務員共済組合連合会虎の門病院呼吸器センター内科
坪井 永保 虎の門病院(共済) 呼吸器科
谷村 繁雄 虎の門病院呼吸器外科
友安 浩 虎の門病院呼吸器外科
本間 栄 国家公務員共済組合連合会虎の門病院呼吸器センター内科:東邦大学医療センター大森病院呼吸器内科
本間 栄 虎の門病院呼吸器科
谷村 繁雄 相模原協同病院(厚生連)
谷村 繁雄 虎の門病院(共済)
友安 浩 相模原協同病院(厚生連)
友安 浩 虎の門病院(共済)
岸 一馬 虎の門病院 呼吸器科
中谷 竜王 虎の門病院(共済)
本間 栄 虎の門病院(共済) 呼吸器科
中谷 龍王 虎の門病院(共済) 呼吸器科
川畑 雅照 虎の門病院
坪井 永保 虎の門病院
本間 栄 東邦大学医療センター大森病院呼吸器センター(内科)

関連論文

▼もっと見る