正常歩行時の下肢関節における力とモーメントの実験的解析

元データ 出版 1981-08-05 公益社団法人精密工学会

概要

本研究の目的は, 実験によって得られたデータを基にして, 正常歩行における基本動作, およびその動作を作り出すために脚の各関節回りに筋力によって作り出されるモーメントの基本的な変化パターンを明確にすることである.そのために, すでに前報で述べている解析の方法によって求めた, 精度的に保証されている歩行姿勢等のデータおよび脚の各関節において上下の要素間で伝達される内力とモーメントのデータを示し, モーメントの変化と歩行動作および姿勢との関係について検討する.そうして, 検討の過程で, 基本動作およびモーメントの変化の必然性を明らかにしていく.また, モーメントのデータについて, 他の3人の研究者のデータと比較して, 著者らのデータが他者のデータに共通した特徴を現しながら, しかも, 値としては他者のデータの中間に入っていることを確認する.

著者

永田 茂 三菱電機(株)
高浜 逸郎 熊本大学工学部
藤田 昌大 熊本大学工学部知能生産システム工学科
高橋 一博 熊本大学大学院
藤田 昌大 熊本大学工学部応用力学教室
高浜 逸郎 熊本大学

関連論文

▼もっと見る

検索論文

検索著者

市川 大輔 京都府立医科大学附属病院消化器外科
桑原 晶子 大阪樟蔭女子大学学芸学部健康栄養学科
桑原 孝 東京蒲田病院泌尿器科
桑原 政成 虎の門病院 循環器センター内科
桑原 政成 鳥取大学大学院医学系研究科再生医療学..