甲状腺腫瘍, 気管腫瘍, 肺癌に対して一期的手術を施行した一例

元データ 2010-01-15

概要

甲状腺・気管・肺の3臓器同時重複腫瘍を経験した.症例は59歳,女性.胸部異常陰影のため当院紹介となった.胸部CTを行い,右上葉に周囲にすりガラス陰影を伴う径3cm強の腫瘤を認めた.気管支鏡検査を行い,声門直下に気管腫瘍を認めた.頸部MRIを行い,気管腫瘍と同一レベルに右甲状腺腫瘍を認めた.三重複腫瘍に対して,一期的手術を計画した.まずラリンジアルマスクで全身麻酔導入し,頸部襟状切開下に甲状腺右葉切除および気管管状切除を行った.術野挿管を行い,気管後壁吻合を行った.スパイラルチューブを抜去,ダブルルーメンチューブを経口挿管,直視下に末梢側に誘導し,残りの気管前壁吻合を行った.引き続き側臥位で完全鏡視下右上葉切除およびリンパ節郭清(ND2a)を行い,手術終了した.術後経過は良好で,吻合部の治癒も良好であった.

著者

宮本 好博 独立行政法人国立病院機構姫路医療センター 呼吸器外科
大角 明宏 独立行政法人国立病院機構姫路医療センター呼吸器外科
今西 直子 独立行政法人国立病院機構姫路医療センター 呼吸器外科
三浦 幸樹 市立岸和田市民病院 呼吸器外科
宮本 好博 国立姫路病院呼吸器外科
宮本 好博 国立病院姫路医療センター呼吸器外科
今西 直子 国立病院姫路医療センター呼吸器外科
大角 明宏 独立行政法人国立病院機構長良医療センター 呼吸器外科
宮本 好博 国立病院機構姫路医療センター呼吸器外科
宮本 好博 NHO姫路医療センター呼吸器外科
大角 明宏 京都大学大学院医学研究科呼吸器外科

関連論文

▼もっと見る