シミュレーションから物理を感じる(東北支部)

元データ 2009-09-01

概要

自然現象を記述する物理をより身近に感じるために,新奇のシミュレーションを導入する。このシミュレーションは,間違うシミュレーションである。個々人が持ち合わせている自然現象に対する感覚と間違ったシミュレーションとの間でズレを誘起させ,そのズレを解釈することで,より深く物理を学ぼうとする試みである。今回,視覚的に優れたグラフィック型言語LabVIEWを用い,間違うシミュレーションを作成し,高等学校において実践授業を行ったので報告する。

著者

内山 哲治 宮城教育大
内山 哲治 宮城教育大学教育学部理科教育講座物理学教室

関連論文

▼もっと見る