G13 陶磁器デザインにおける「スタジオプロダクト」の可能性(デザイン計画、インタフェース、デザインマネージメント、デザイン教育、その他,「想像」する「創造」〜人間とデザインの新しい関係〜,第56回春季研究発表大会)

元データ 2009-06-20 日本デザイン学会

概要

This study analyses future problems and the role of design in the Japanese ceramic industry, which has been steadily declining. A proposal of how "Studio product" personal handwork production, can function, reflecting its possibilities in ceramic design, is made.

著者

田上 知之介 明星大学
蓮見 孝 筑波大学大学院

関連論文

▼もっと見る