P07 病院におけるノーマライゼーションの研究 : 筑波大学附属病院内スツールデザインを通して(心「こころ」とデザイン,第55回春季研究発表大会)

元データ 2008-06-20 日本デザイン学会

概要

This stool was designed for corridor of Tsukuba University Hospital which connect the outpatient clinic building and center clinic building, aiming to improve the quality of life (QOL) of the hospital. During design process, we paid attention to the difference between the daily life environment and the hospital environment and attempted to apply the normalization at the hospital, that overflowed with abnormal objects and situations.

著者

田上 知之介 明星大学
蓮見 孝 筑波大学大学院
田上 知之介 筑波大学大学院人間総合科学研究科
金 永 筑波大学大学院人間総合科学研究科
細谷 らら 筑波大学芸術専門学群

関連論文

▼もっと見る