トマトに含まれるリコペンの可視・近赤外分光法を用いる非破壊計測の可能性について(食品生産・流通における赤外放射の応用(その2)-最新動向と展望-)

元データ 2009-08-01

概要

Multiple linear regression (MLR) analysis of spectra (500-1000nm) of tomatoes (n=82) gave a calibration equation using d^2log1/R at 568, 602, 626, 692, 826, and 946nm with a multiple correlation coefficient of 0.97. The MLR calibration was validated using other tomato sample lots, and the tomatoes were predicted well with a root mean square of 1.28mg/100g (n=42). Therefore, visible/near-infrared technology is a potentially effective way to non-destructively determine lycopene in tomatoes.

著者

伊藤 秀和 独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構野菜茶業研究所
伊藤 秀和 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所
森本 進 株式会社クボタ電装機器事業部制御システム部
伊藤 秀和 (独)農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所
伊藤 秀和 農林水産省
伊藤 秀和 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所

関連論文

▼もっと見る