仙台地域における広域ワイヤレスブロードバンドアクセス実験

元データ 2006-12-07 社団法人電子情報通信学会

概要

我々は、広域モバイルブロードバンド無線通信システムの一つであるFLASH-OFDM(Fast Low-latency Access with Seamless Hand-off)方式を活用し、宮城県仙台市中心街をフィールドとした実証実験を展開している。単セクタ内で静止状態及び自動車による移動状態における受信電力、SNR及びスループットに関して評価し、自動車による移動状態においても、Down-Linkにおいて、最大2.6Mbpsのスループットが得られた。さらに、基地局から約1kmの範囲で1Mbpsのスループットが得られることがわかった。

著者

小熊 博 東北大学電気通信研究所
亀田 卓 東北大学電気通信研究所
高木 直 東北大学電気通信研究所
坪内 和夫 東北大学電気通信研究所
中瀬 博之 東北大学電気通信研究所
浅野 安良 ソフトバンクテレコム 研究所
山崎 吉晴 ソフトバンクテレコム 研究所
山形 文啓 東北大学電気通信研究所
福田 啓一 東北大学電気通信研究所
山崎 吉晴 ソフトバンクテレコム
浅野 安良 ソフトバンクテレコム
山形 文啓 釧路工業高等専門学校電子工学科

関連論文

▼もっと見る