生体情報を用いた二輪車におけるヒューマンインターフェースの設計

元データ 2001-11-02 社団法人電子情報通信学会

概要

二輪車における危険回避は四輪車のものとは性質が全く異なるため、独自の危険回避システムが必要とされる。このシステムは単に事故を防ぐだけでなく, 独自のインターフェイスを通じて、人間と機械のやりとりを円滑にするものである。本研究では心電図情報を利用した危険回避機能を持つヒューマンインターフェイスの提案を試みる。

著者

吉村 ミツ 立命館大学 衣笠総合研究機構
横山 清子 名古屋市立大学芸術工学部
水野 康文 ヤマハ発動機
水野 康文 ヤマハ発動機(株)
水野 康文 ヤマハ発動機株式会社
吉村 ミツ 名古屋市立大学芸術工学部
横山 清子 名古屋市立大学大学院 芸術工学研究科
横山 清子 国立豊田工業高等専門学校
横山 清子 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科
丸山 勝也 名古屋市立大学芸術工学部
横山 清子 名古屋市立大学 芸術工学部

関連論文

▼もっと見る