位相制御型E級インバータの設計

元データ 2001-02-16 社団法人電子情報通信学会

概要

本研究では共振回路のQ値, スイッチのON抵抗, インバータ間のスイッチングのタイミングの位相差を考慮した位相制御型E級インバータの設計を行い, 各設計値における位相制御型E級インバータの特性を求めた.その結果, 位相差24度以上において位相制御型E級インバータを設計することにより, 零電圧スイッチングを達成しつつ出力を制御できることが明らかになった.回路実験を行なうことにより, 設計地の妥当性を確認した.

著者

関屋 大雄 慶應義塾大学理工学部情報工学科
笹瀬 厳 慶應義塾大学理工学部情報工学科
小泉 裕幸 慶應義塾大学理工学部情報工学科
川本 大輔 慶應義塾大学理工学部情報工学科
小泉 裕孝 慶應義塾大学理工学部情報工学科
笹瀬 厳 慶應義塾大学
川本 大輔 慶應義塾大学理工学部情報工学部

関連論文

▼もっと見る