気管支結核の治癒過程に発生した非特異的炎症性ポリープの 1 例 : 気管支鏡による経時的観察

元データ 1991-01-25 日本呼吸器内視鏡学会

概要

気管・気管支の炎症性ポリープは, 比較的稀な疾患である。今回我々は, 気管支結核の治療経過中に発生した気管支炎症性ポリープの1例を経験した。症例67歳の男性, 喀痰で結核菌塗抹陽性(ガフキー4号)を指摘され, 気管支鏡にて左B^6に白苔に被われた潰瘍性病変を認めた。抗結核剤投与4カ月目, 左B^6入口部に有茎性の小ポリープを認めた。6カ月目には, このポリープは増大, B^6をほぼ閉塞し, 生検鉗子にて容易にポリープは全摘された。大きさ7×4×4mm, 表面平滑, 黄白色調で柔らかく, 病理組織学的には非特異的炎症性ポリープと診断した。気管支炎症性ポリープの原因の一つとして, 結核が考えられているが, 本症例は, 気管支結核の病変に続発した炎症性ポリープであり, その全過程を観察し得た貴重な症例と考えられた。

著者

原 耕平 長崎大学第二内科
早田 宏 長崎大学第2内科
原 耕平 長崎短期大学食物栄養専攻科
木下 明敏 国立病院機構長崎医療センター 呼吸器科
木下 明敏 川崎医科大学 呼吸器内科
木下 明敏 長崎大学第2内科・長崎肺癌研究会
谷口 哲夫 長崎大学第二内科
広瀬 清人 高知県立西南病院内科
岡 三喜男 高知県立西南病院内科
広瀬 清人 国立嬉野病院内科
谷口 哲夫 国立療養所長崎病院内科
谷口 哲夫 長崎大学医学部第2内科
原 耕平 長崎大学医学部第2内科
木下 明敏 国立病院機構長崎医療センター呼吸器内科
原 耕平 長崎大学第2内科

関連論文

▼もっと見る