61.原発性肺癌に対するMFC療法 : 第12回肺癌学会九州支部会

元データ 1974-12-30 日本肺癌学会

概要

我々は,末期の原発性肺癌10例に対してMFC療法を施行した.病理組織分類は扁平上皮癌1例,腺癌8例,小細胞性未分化癌1例であった.X線による効果判定は陰影縮小率が50%以上のものを著効,50%未満のものを有効,不変または悪化したものを無効とすると,著効例はなく,有効4例,無効6例であった.副作用は食欲不振1例,悪心・嘔吐2例,倦怠感1例,白血球減少4例,栓球減少3例であった.

著者

原 耕平 長崎大学第二内科
奥野 一裕 長崎大学第二内科
籠手田 恒敏 長崎大学第2内科
奥野 一裕 長崎県立成人病センター多良見病院
奥野 一裕 東京専売病院
中野 正心 長崎大学第2内科・長崎肺癌研究会
雨森 博政 長崎大学第2内科
吉村 康 長崎大学第2内科
籠手田 恒敏 佐世保総合病院内科
吉村 康 長崎大学第ii内科
原 耕平 長崎大学第2内科

関連論文

▼もっと見る