血清KL-6が高値を示し, 病勢に一致し変動した薬剤性肺炎の1例

元データ 1997-07-25

著者

松島 敏春 川崎医科大学呼吸器内科
二木 芳人 川崎医科大学呼吸器内科
二木 芳人 川崎医科大学
中島 正光 川崎医科大学呼吸器内科
橋口 浩二 日赤長崎原爆病院
橋口 浩二 日本赤十字社長崎原爆病院内科
中島 正光 広島国際大学保健医療学部
中島 正光 川崎医科大学 放射線
真鍋 俊明 川崎医科大学病理
真鍋 俊明 川崎医科大学 口腔外科
真鍋 俊明 日本医科大学 内科
見手倉 久治 川崎医科大学中央検査部
橋口 浩二 川崎医科大学呼吸器内科
松島 敏春 川崎医科大学
橋口 浩二 長崎大学医学部第2内科
橋口 浩二 川崎医科大学 呼吸器内科
真鍋 俊明 川崎医科大学病理学教室
中島 正光 川崎医科大学附属病院呼吸器内科
見手倉 久治 川崎医科大学附属病院中央検査部
橋口 浩二 長崎原爆病院

関連論文

▼もっと見る