腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓還納式脊柱管拡大術の検討―椎弓切除術との比較―

元データ 日本腰痛学会

概要

腰部脊柱管狭窄症の36名を対象とし,1997年7月以降に施行した椎弓還納式脊柱管拡大術(還納群)と,それ以前に施行した椎弓切除術(切除群)の臨床結果を比較検討した.改善率は還納群が70.0%,切除群が59.5%であった.還納群で,術後入院期間は有意に短縮されており,また術後6カ月の腰痛スコアが有意に優れていた.還納群において,還納椎弓の脱転例•偽関節例を認めず,術後平均4カ月で片側以上の骨癒合を得た.椎弓還納式脊柱管拡大術の短期成績は良好であり,腰部脊柱間狭窄症に対し有用な手術術式と考える.

著者

安達 公 北里大学東病院整形外科
蛯原 有男 北里大学東病院整形外科
二見 俊郎 北里大学東病院整形外科
二見 俊郎 北里大学東病院
中澤 俊之 北里大学東病院整形外科
笠井 謙和 北里大学東病院整形外科
田辺 賀則 北里大学東病院整形外科
安達 公 北里大学医学部附属東病院 整形外科
中澤 俊之 北里大学東病院整形外科〔〒228-8520 相模原市麻溝台2-1-1〕
二見 俊郎 北里大学東病院整形外科〔〒228-8520 相模原市麻溝台2-1-1〕
蛯原 有男 北里大学東病院整形外科〔〒228-8520 相模原市麻溝台2-1-1〕
田辺 賀則 北里大学東病院整形外科〔〒228-8520 相模原市麻溝台2-1-1〕
笠井 謙和 北里大学東病院整形外科〔〒228-8520 相模原市麻溝台2-1-1〕
安達 公 北里大学東病院整形外科〔〒228-8520 相模原市麻溝台2-1-1〕

関連論文

▼もっと見る