変形性膝関節症におけるQuality of Life(QOL)と身体特性との関係 : 日本版膝関節症機能評価尺度(JKOM)を用いた評価

元データ 2007-06-20 社団法人日本理学療法士協会

概要

膝関節に痛みを有する地域在住高齢者を対象に日本版膝関節症機能評価尺度(JKOM)を用いてQuality of Life (QOL)評価を行い,JKOMの結果と身体特性(形態,身体組成,運動機能)との関係について調査をおこなった。JKOMスコアと関係の高かった評価項目は痛み(VAS),屈曲可動域,膝伸展筋力,10m歩行速度であった。また,JKOM下位評価尺度と各計測項目との関係では,「膝の痛みとこわばり」,「日常生活の状態」とVASは高い相関関係にあった。10m歩行速度(快適,最大)は全ての下位評価尺度と関連を認め,ADLに基づきQOLに影響を与える規定因子と考えられた。

著者

糸満 盛憲 北里大学医学部整形外科学教室
二見 俊郎 北里大学東病院整形外科
占部 憲 北里大学医学部整形外科教室
糸満 盛憲 北里大学医学部附属病院 リハビリテーションセンター部
神谷 健太郎 北里大学病院リハビリテーション室
神谷 健太郎 北里大学病院リハビリテーションセンター部
神谷 健太郎 北里大学医学部附属病院 心臓リハビリテーション室
二見 俊郎 北里大学東病院
藤田 護 北里大学医学部整形外科学教室
見井田 和正 北里大学病院リハビリテーションセンター部
辺土名 隆 北里大学病院リハビリテーションセンター部
渡邊 裕之 北里大学医療衛生学部
二見 俊郎 北里大学医療衛生学部
ニ見 俊郎 北里大学東病院整形外科
濱崎 伸明 北里大学病院リハビリテーションセンター部
須田 久美 北里大学病院リハビリテーション部
相川 淳 北里大学医学部整形外科学
辺土名 隆 北里大学医学部附属病院 リハビリテーションセンター部
見井田 和正 北里大学 大学院医療系研究科
占部 憲 北里大学医学部整形外科学
神谷 健太郎 北里大学 大学院医療系研究科
渡邊 裕之 北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科理学療法学専攻
藤田 護 北里大学 医学部整形外科学
ニ見 俊郎 北里大 東病院 整形外科
糸満 盛憲 北里大学医学部
糸満 盛憲 九州労災病院
神谷 健太郎 北里大学病院 心臓リハビリテーション室
神谷 健太郎 北里大学病院 リハビリテーションセンター部
渡邊 裕之 北里大学医学部耳鼻咽喉科
藤田 護 北里大学医学部整形外科学
二見 俊郎 北里大学医学部
見井田 和正 北里大学病院 心臓リハビリテーション室
相川 淳 北里大学医学部整形外科

関連論文

▼もっと見る