small interfering RNAによる survivin 阻害が肺癌細胞株の増殖とアドリアマイシン感受性に与える影響

元データ 2004-12-25 近畿大学

概要

survivin はアポトーシス阻害蛋白の一つで, 癌細胞に特異的に発現している. またp53は癌抑制遺伝子であり, DNAの障害に伴い活性化され, 抗癌剤の感受性やアポトーシスに関与する. 我々はp53による survivin の発現調節の有無を探るため, 肺癌細胞株を用いアドリアマイシン暴露後の survivin 発現量の変動を観察した. その結果, 変異型p53を有する細胞株とは対照的に, 野生型p53を有する細胞株ではp53の発現誘導に伴い survivin の発現は顕著に減少した. さらに small interfering (si) RNAを利用し, 野生型p53を有するA549肺癌細胞株のp53発現を抑制したところ, survivin 発現は有意に増加した. 次に survivin 阻害の癌細胞にもたらす影響を調べるために, 変異型p53を有する肺癌細胞株PC9の survivin 発現をsiRNAにより抑制した. その結果, 細胞増殖は有意に抑制され, さらにアドリアマイシンに対する感受性の増強と, 強いアポトーシスの誘導がみられた. 以上により, 我々は survivin 発現はp53の活性化によって抑制され, siRNAによる survivin の阻害は変異型p53を有する癌細胞の増殖を抑制し, またアドリアマイシンに対する感受性を高め, アポトーシスの惹起を促すことを確認した.

著者

野上 壽二 近畿大学医学部第4内科
福岡 正博 近畿大学医学部第4内科
中川 和彦 近畿大学医学部付属病院内科学講座腫瘍内科部門
野上 壽二 近畿大学腫瘍内科部門
倉田 宝保 近畿大学医学部腫瘍内科
倉田 宝保 近畿大学 医学部 腫瘍内科
佐藤 太郎 近畿大学医学部内科学腫瘍内科部門
田村 研治 近畿大学医学部奈良病院腫瘍内科
池田 昌人 近畿大学腫瘍内科部門
福岡 正博 近畿大学医学部内科学腫瘍内科部門:近畿大学堺病院:大鵬薬品工業株式会社徳島研究センター:国立がんセンター中央病院
池田 昌人 近畿大学医学部第2生理学教室
米阪 仁雄 近畿大学医学部腫瘍内科
田村 研治 国立がんセンター中央病院通院治療センター
池田 昌仁 近畿大学 医学部 腫瘍内科
福岡 正博 筑波大学 大学院 腎泌尿器科学 男性機能科学
米阪 仁雄 国家公務員共済組合連合会大手前病院呼吸器科・腫瘍内科
田村 研治 近畿大学医学部内科学教室腫瘍内科部門
倉田 宝保 近畿大学医学部附属病院内科学腫瘍内科部門
倉田 宝保 近畿大学医学部内科学講座腫瘍内科部門
野上 壽二 近畿大学医学部内科学腫瘍内科部門
池田 昌人 和泉市立病院腫瘍内科

関連論文

▼もっと見る