247. ^Tc-ECD 血中動態の基礎的検討(RI-15 脳血流-3)

元データ 1991-08-01 公益社団法人日本放射線技術学会

概要

^<99m>Tc-ECDは、調整後長時間安定であるが^<99m>TcO_4^-を添加後30分以上経たないと標識率90%以上にならずまた、赤血球と反応して極性に変化するため、静注は調整後30分以上経ったものを速やかに行うことが望ましい。さらに血中クリアランス、脳への集積および経時的体内分布より撮像開始時間は、静注後30分以上経過してからが適当と考えられた。

著者

伊藤 敏昭 慶應義塾大学病院中央放射線技術室
松田 美智恵 慶應義塾大学病院腹部超音波検査室
岩崎 隆一郎 慶應義塾大学医学部放射線科
三宮 敏和 慶應義塾大学医学部放射線科
三宮 敏和 慶應義塾大学医学部中央放射線技術室
松田 美智恵 慶應義塾大学医学部附属病院

関連論文

▼もっと見る