人工光源とその光質がペチュニアの内生ジベレリン量およびGA_3に対する反応性に及ぼす影響

元データ 2004-09-15 園芸学会

概要

高圧ナトリウムランプの下で生育したペチュニア'バカラブルー'は,陽光ランプの下で生育したものよりも倭化した形態になる.この人工光源の種類によって引き起こされる生有蓋におけるジベレリン(GA)の役割について調査した.高圧ナトリウムランプ下のペチュニアは,陽光ランプ下のものよりもGA_<20>,GA,の含量が低かった.一方,GA_<19>の音量については,両ランプ処理区間で差が認められなかった.ウニコナゾール処理によってペチュニアの草丈は低下し,両ランプ処理区間での草丈の差が小さくなった.GA_3処理によってウニコナゾール処理したペチュニアの草丈は増加したが,その増加の度合いにランプ処理による影響は認められなかった.以上の結果より,高圧ナトリウムランプ下でのペチュニアのわい化は,低いGA_<20>,GA_1含量が原因となっており,GAに対する反応性が原因ではないことが明らかになった.また,GA_<19>からGA_<20>への代謝が,ランプの光質の影響を受けている可能性が示唆されな.

著者

西村 繁夫 筑波大学大学院生命環境科学研究科
福田 直也 筑波大学農林学系
大久保 直美 農研機構花き研
福田 直也 筑波大学大学院 生命環境科学研究科
腰岡 政二 農研機構花き研
佐瀬 勘紀 農研機構 農村工学研究所
佐瀬 勘紀 農工研
西村 繁夫 筑波大院生命環境科学研究科
腰岡 政二 農業技術研究機構 花き研
大久保 直美 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構花き研究所
鵜生川 雅己 筑波大学大学院生命環境科学研究科
大久保 直美 農業技術研究機構花き研究所
レービスN.マンダー レービスN.マンダー オーストラリア国立大学化学研究科
佐瀬 勘紀 オーストラリア独立行政法人農業工学研究所
マンダー レービス オーストラリア国立大学化学研究科
腰岡 政二 農業・生物系特定産業技術研究機構 花き研
腰岡 政二 (独)農業技術研究機構 花き研究所
西村 繁夫 筑波大 大学院生命環境科学研究科

関連論文

▼もっと見る