アレルギー性肉芽腫症・血管炎(Churg-Strauss 症候群)の 1 例

元データ 1982-09-30 京都大学

概要

この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。A 24-year-old male with asthma, who complained of fever, dyspnea, cough, bloody sputum and general fatigue, was histopathologically diagnosed as allergic granulomatosis and angitis (Churg-Strauss syndrome) by both open lung and skin biopsy. The symptom subsided and his chest roentogenogram improved by glucocorticoid therapy and has been doing well with a maintenance dose (15mg) of predonisolone for six months. Allergic granulomatosis and angitis was first reported by Churg and Strauss in 1951,which was characterized histologically by necrotizing vasculitis of small arteries and veins with extravascular granulomas and with infiltration of eosinophils to the vessels and perivascular tissues, and clinically by bronchial asthma, fever and hypereosinophilia. The disease is said to involve many organs, most frequently the lung, peripheral nerves and skin.

著者

西山 秀樹 日本赤十字社和歌山医療センター呼吸器科
久世 文幸 京都大学結核胸部疾患研究所内科1
坂東 憲司 済生会中津病院呼吸器内科
倉沢 卓也 国立療養所南京都病院呼吸器科
倉沢 卓也 京都大学結核胸部疾患研究所内科i
倉澤 卓也 国立病院機構札幌南病院
前川 暢夫 京都大学結核胸部疾患研究所内科I
細川 昌則 京都大老化生物学
川合 満 京都大学結核胸部疾患研究所第一内科
中西 通泰 京都大学結核研究所化学療法部
中西 通泰 医仁会武田病院内科
細川 昌則 京都大学結核胸部疾患研究所
西山 秀樹 京都大学結核胸部疾患研究所内科学第1部門
桜井 信男 京都大学結核胸部疾患研究所第一内科
坂東 憲司 京都大学結核胸部疾患研究所内科第1
桜井 信男 神戸市立玉津病院
久世 文幸 京都大学結核研究所化学療法部
川合 満 京都大学結核胸部疾患研究所内科1
桜井 信男 京都大学結核胸部疾患研究所内科学1
前川 暢夫 京都大学結核胸部疾患研究所

関連論文

▼もっと見る