慢性肝疾患患者に超音波検査で指摘された10mm未満の肝内小結節の経過の検討

元データ 2002-01-25

著者

栗林 幸夫 慶應義塾大学放射線診断科
陣崎 雅弘 慶應義塾大学放射線診断科
大熊 潔 慶應義塾大学医学部 放射線診断科
大熊 潔 慶應義塾大学医学部放射線診断科
陣崎 雅弘 慶應義塾大学医学部放射線診断科
陣崎 雅弘 慶應義塾大学医学部放射線科学教室
松本 一宏 慶應義塾大学医学部放射線診断科
田波 穣 慶應義塾大学医学部放射線診断科
藤原 広和 慶應義塾大学医学部放射線診断科
小川 健二 現日本鋼管病院放射線科
小川 健二 日本鋼管病院放射線科
田波 良子 慶應義塾大学医学部放射線診断科
田波 穣 日本鋼管病院放射線科
岡田 真広 慶應義塾大学医学部放射線診断科
大熊 潔 慶応義塾大学 放射線診断
田村 良子 慶応義塾大学 放射線診断
田波 穣 慶応義塾大学 医学部放射線診断科
田波 穣 慶應義塾大学放射線科
松本 一宏 慶應義塾大学医学部放射線科
小川 健二 日本鋼管病院
栗林 幸夫 慶應義塾大学医学部放射線診断学
栗林 幸夫 慶應義塾大学医学部放射線科学教室

関連論文

▼もっと見る