示-70 持続肝動注兼TAEにより, 門脈本幹内腫瘍栓が縮小した肝細胞癌の一例(第29回日本消化器外科学会総会)

元データ 1987-02-01 一般社団法人日本消化器外科学会

著者

栗林 幸夫 慶應義塾大学放射線診断科
栗林 幸夫 東海大学医学部放射線科
田中 豊 東海大学第2外科
大谷 泰雄 東海大学第2外科
後藤 研一郎 東海大学第2外科
津久井 優 東海大学第2外科
森屋 秀樹 東海大学第2外科
三富 利夫 東海大学第2外科
栗林 幸夫 東海大学放射線科
田中 豊 東海大学外科
森屋 秀樹 恩賜財団済生会平塚病院外科
栗林 幸夫 国立循環器病センター放射線診療部

関連論文

▼もっと見る