レイトレーシング法を用いた市街地道路上におけるUHF帯電波伝搬解析(フォトニックNW・デバイス,フォトニック結晶・ファイバとその応用,光集積回路,光導波路素子,光スイッチング,導波路解析,一般)

元データ 2012-01-19

概要

市街地道路上における見通し外マルチパス環境では,移動体端末における受信信号振幅の確率過程にレイリー分布が仮定される事が多い.また,見通し内伝搬となる場合は仲上・ライス分布が用いられる場合もある.しかしながら,実際の市街地道路上において各到来波が上記仮定に従うかは不明な部分が多い.一方,近年,地上デジタル放送などのUHF帯を用いた通信において,自動車などに設置された移動体端末における受信特性の把握が重要となっている.本研究では,レイトレーシング法を用いて市街地道路上におけるUHF帯電波伝搬特性解析を行う.

著者

田口 健治 北見工業大学
田口 健治 北見工大
柏 達也 北見工大
今井 卓 北見工大
青山 良輔 北見工大

関連論文

▼もっと見る