軽量コンクリート塀で囲まれた往宅地交差点における720MHz帯及び5.8GHz帯FDTD電波伝搬解析(マイクロ波フォトニクス技術,一般)

元データ 2011-07-14

概要

近年,交差点における自動車衝突事故防止のため,車車間通信を用いた衝突防止システムの研究が進められている.特に家屋塀で囲まれた道幅の狭い住宅地交差点では,その効果が期待されている.現在,車車間通信用の周波数帯として720MHz帯及び5.8GHz帯の利用が検討されている.本研究では軽量コンクリート家屋塀で囲まれた住宅地交差点における720MHz帯及び5.8GHz帯での電波伝搬特性解析を行った.種々の塀厚み及び送信側自動車位置に対する伝搬損失特性を明らかにした.また,電波の伝搬メカニズムを明らかにするため電力遅延プロファイル特性解析を行った.尚,電磁界解析手法としてFDTD法を用いた.

著者

田口 健治 北見工業大学
川村 武 北見工大
田口 健治 北見工大
柏 達也 北見工大
大島 功三 旭川工業高等専門学校
大島 功三 旭川高専
今井 卓 北見工大
佐藤 亮人 北見工大

関連論文

▼もっと見る