210 原子スケール計算機実験による転位構造の形成と回復から考える結晶粒微細化メカニズム(GS1-3 材料・材料力学・計算力学(3),一般セッション:1 材料・材料力学・計算力学)

元データ 2008-03-01 一般社団法人日本機械学会

著者

喜成 年泰 金沢大学理工研究域
新宅 救徳 金沢大学理工研究域
下川 智嗣 金沢大学理工研究域
下川 智嗣 金大工
新宅 救徳 金沢大学工学部
新宅 救徳 金大工
新宅 救徳 Faculty Of Engineering Kanazawa University
山下 智彬 金大院
喜成 年泰 京大工
下川 智嗣 金沢大工
下川 智嗣 金沢大学

関連論文

▼もっと見る