ダウンリンクにおけるMC-CDMAとFRPA技術を適用したOFDMAの特性比較

元データ 2006-12-07 社団法人電子情報通信学会

概要

ダウンリンクにおける次世代移動通信システムとしてOFDMAとMC-CDMAが注目を集めている.これらの技術の共通の問題点として,同一周波数帯を使用している隣接セルからの信号が干渉となり,特にセル端において性能が急激に劣化してしまうことが挙げられる.MC-CDMAでは,周辺セルからの干渉を低減するために,スクランブル符号を乗算することによって干渉を雑音化しセルを識別する.一方でOFDMAでは,周辺セルからの信号が直接干渉となり,SIRが大きく低下してしまう.そこで,セルの中心部とセル端とで使用する周波数帯を変えることによって,周辺セルからの干渉を低減する方法として提案されているFRPA技術を用いる.この技術を使用することで,FRF=1の場合に近い効率を実現でき,かつセル端で問題となる干渉の影響も周辺セルで使用している周波数帯と異なるために小さくすることができる.本稿では,FRPA技術を適用したOFDMAとスクランブル符号の使用によってセルを識別するMC-CDMAの比較を行う.比較は計算機シミュレーションを用いて行い,多重ユーザ数,所望基地局と端末との距離に対する平均BER特性によって評価を行う.

著者

中川 正雄 慶應義塾大学理工学部情報工学科
庄納 崇 インテル株式会社
中川 正雄 慶応義塾大学大学院
近藤 俊介 慶應義塾大学理工学研究科
庄納 崇 インテル株式会社研究開発本部
中川 正雄 慶應義塾大学
近藤 俊介 慶應義塾大学理工学部

関連論文

▼もっと見る