健診情報のための電子的交換規約 : Health Data Markup Language (HDML)(XMLによる情報システム)

元データ 2003-01-28 情報知識学会

概要

健康審査(健診)には多数の施設が関わっており,これらの施設の健診情報システム間でデータを交換する必要がある.ところが健診に関わるデータ構造は多様であり,健診依頼元へ検査結果を電子的に還元することすら容易ではない.そこで平成8年より,日本総合健診医学会情報委員会は,健診データの有効利用を図るために日本保健福祉医療情報システム工業会と合同委員会を組織し,標準健診データ交換規約(HDML:Health Data Markup Language)とツールの開発に着手した.HDMLはSGML/XMLを基礎とし,既存の医療情報交換規約との互換性を考慮しつつ,健診に特化したデータ交換規約である.本稿ではHDMLの構造と,HDMLツールを用いた評価試験の結果について述べる.HDMLの導入によりデータ交換にかかわるコストの削減が可能となる.さらにデータ交換の段階でデータ構造が標準化されるため,複数の医療施設で発生した健診データを生涯健康管理データベースとして集積・管理できるようになり,生活習慣病などの予防医学にも大きく貢献することが期待される.

著者

吉田 勝美 聖マリアンナ医科大学 医学部 医学科 予防医学教室
古海 勝彦 産業医科大学医学部医療科学講座
杉森 裕樹 聖マリアンナ医科大学予防医学教室
吉田 勝美 聖マリアンナ・医・予防医学
東福寺 幾夫 Jahis健診情報委員会
杉森 裕樹 大東文化大学 スポーツ・健康科学部 健康科学科
杉森 裕樹 鈴鹿医療科学大学 薬学部
原 正一郎 国文学研究資料館研究情報部
窪寺 健 JAHIS健診情報委員会
河合 正樹 JAHIS健診情報委員会
原 正一郎 文部省大学共同利用機関国文学研究資料館
原 正一郎 京大

関連論文

▼もっと見る