ポルフィリン症患者およびその未発症血縁者における酸化的ストレスに関する研究

元データ 2008-05-15

概要

We sought to establish a causal relationship between oxidative stress and porphyria in patients and carriers. We reported changes in urinary porphyrin concentrations related to 8-hydroxy-2′-deoxyguanosine. Methods: We measured urinary 8-hydroxy-2′-deoxyguanosine concentration in porphyria patients and carriers with multifactorial inheritance as a possible marker of attack. The porphyria types included 10 patients with porphyria cutanea tarda, 5 with variegate porphyria, 8 with hereditary coproporphyria, 7 with congenital erythropoietic porphyria, 5 with erythropoietic protoporphyria, 5 with acute intermittent porphyria, 7 erythropoietic protoporphyria carriers, and 7 acute intermittent porphyria carriers. Results: Urinary porphyrin concentrations in these patients were significantly higher than those in healthy subjects (p<0.001). Urinary 8-hydroxy-2′-deoxyguanosine concentrations were significantly high in dermatopathy porphyria types namely porphyria cutanea tarda (p<0.001), variegate porphyria (p<0.05), hereditary coproporphyria (p<0.05), congenital erythropoietic phyria (p<0.05), and erythropoietic protoporphyria (p<0.001). Conclusion: These results reveal that urinary 8-hydroxy-2′-deoxyguanosine concentration in cutis porphyria types is a good predictor of attack and abatement.

著者

吉田 勝美 聖マリアンナ医科大学 医学部 医学科 予防医学教室
網中 雅仁 聖マリアンナ医科大学衛生学教室
山内 博 聖マリアンナ医科大学 医学部 予防医学教室
吉田 勝美 聖マリアンナ医科大学予防医学教室
吉田 勝美 聖マリアンナ・医・予防医学
吉田 勝美 慶應大医衛生公衛
高田 礼子 聖マリアンナ医科大学予防医学
山内 博 北里大学医療衛生学部公衆衛生学
池田 真紀 北里大学医療衛生学部公衆衛生学教室
山内 博 北里大学大学院医療系研究科
近藤 雅雄 東横学園女子短期大学
近藤 雅雄 独立行政法人 国立健康栄養研究所
吉田 勝美 マリアンナ医科大学予防医学教室
高田 礼子 聖マリアンナ医科大学 予防医学教室
網中 雅仁 聖マリアンナ医科大学予防医学
山内 博 聖マリアンナ医大・予防医学
吉田 勝美 慶応義塾大学医学部
吉田 勝美 聖マリアンナ医科大学公衆衛生学教室
山内 博 北里大学 医療衛生学部 公衆衛生学

関連論文

▼もっと見る